歯を残すための取り組み

  • 小
  • 大

皆様の大切な歯をお守りします

皆様の大切な歯をお守りします

歯科医療は日々進化を遂げており、優れた治療が次から次へと登場しています。しかし、どんなに優れた治療で補っても、自分自身の歯を使い続けられることのほうが、よいことなのはいうまでもありません。

歯は、一度失ってしまうと新しい歯は生えてきません。したがってご自身の歯を長期間健康な状態を保つことが大切なのです。羽村市の歯医者「福留歯科医院」では、そういった事態を招かないよう、たとえ重度の虫歯歯周病だとしても、できる限り歯を残せるような治療を選択し、患者様の大切な歯をお守りします。

歯を残すための当院の取り組み

歯を残すための当院の取り組み

当院では「できる限り歯を残す」ことを最優先し、次のような取り組みを行っています。他院で「もう抜歯しかない」といわれてしまった方も、あきらめずに一度当院にご相談ください。

深い虫歯を抜かずに救う方法~エクストリュージョン~

取り組み1 深い虫歯を抜かずに救う方法~エクストリュージョン~

歯の深い部分にまで虫歯が進行してしまうと、多くの場合は抜歯が必要になります。しかし、当院では、可能な限り「エクストリュージョン」という方法で、歯を残せるようにしています。

「エクストリュージョン」とは、歯根廷出(しこんていしゅつ)ともいい、歯を強制的に上部に引っぱり上げる治療です。これを行うことで、歯ぐきの中で起きている虫歯や、歯根の割れなどの治療が可能になり、その歯を残すことができるのです。

ただし、この治療は事前の診断が難しく、埋もれていた部分を実際に見てからでないと、治療が可能かどうか判断できません。しかし、歯を残せる確率を大きく上げることができ非常にメリットがある治療だといえます。

親知らずの有効活用

取り組み2 親知らずの有効活用

歯になりやすく、激しい痛みをともなうなどの理由から、抜歯が当然だと思われている親知らずですが、実は有効的な活用法もあります。

その一つが矯正治療です。生え方にもよりますが、治療の際に親知らずを固定源にできれば、治療を効果的に行えるケースもあります。また、重度の虫歯で神経を取り除いた歯があれば、その箇所に親知らずを移植することも。この治療を「自家移植」と呼びます。自分自身の歯を使うため安定感があり、インプラント治療よりも安全性が高まります。

マイクロスコープを使用した精密な治療

取り組み3 マイクロスコープを使用した精密な治療

当院では、患部を何倍にも拡大して見ることができる「マイクロスコープ」を導入しています。肉眼では見ることのできない患部の詳細をしっかり確認しながら治療できます。それによって、歯を削る量を最小限に抑えるほか、重度の虫歯に行う根管治療(こんかんちりょう)でも、複雑な根管内を把握しながらの確実な処置が可能に。歯を残せる可能性も高くなります。

マイクロスコープは、脳外科や心臓外科などでの手術にも使用される、医療用の顕微鏡です。当院では、マイクロスコープを利用することによって高精度な歯科治療を実現します。

咬合性外傷のケア

取り組み4 咬合性外傷のケア

歯ぎしりや食いしばりをケアすることで歯を守ることができます。「歯周病・虫歯・過度な咬合力」は歯を失う3大要因とされています。これらをケアすることで歯を残すことが可能となります。

歯を残すことでリスクが生まれるケースも

歯を残すことでリスクが生まれるケースも

当院では、患者様の大切な歯をできる限り抜かずに残せるよう、つとめています。しかし、歯や歯ぐきの状態によっては必ずしも「残せばいい」という訳ではありません。たとえば、残すことで以下のようなリスクが生まれるケースもあります。

重度の虫歯の場合 重度の歯周病の場合
重度の虫歯の場合 重度の歯周病の場合

虫歯が重度にまで悪化すると、歯の中の神経が死ぬことで、一旦痛みがなくなります。しかし、ここで「治った」と思い込んで放置すると、歯根の先で虫歯菌が炎症を起こしたり、化膿(かのう)したりして、再び激しい痛みに襲われます。

そして顎骨炎(がっこつえん)や歯性病巣感染などといった病気を誘発。より難しい治療が必要になってしまいます。

歯周病が重度にまで進行すると、歯を支えている歯ぐきや顎の骨が溶かされて、歯はグラグラになり、それを放置することで抜け落ちてしまいます。

さらにその状態を放置すると、歯周病の症状はまわりの歯にまで広がり、多くの歯が抜け落ちてしまう可能性もあるのです。もちろん治療はより難しくなり、費用もかさむことはいうまでもありません。

福留歯科医院では、お口の健康維のための 「予防」に力を入れています 当院の「予防歯科」について、くわしくはこちら

ページTOPへ