虫歯・根管治療

  • 小
  • 大

虫歯は早めの治療が

虫歯は早めの治療が

「歯が痛い」「しみる」といった症状はありませんか? それらはもしかしたら虫歯かもしれません。虫歯は、歯垢に棲みつく虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯が徐々に溶かされていく病気です。

初期には自覚症状がないだけに、気づかないうちにどんどん進行してしまいます。また初期を除いて自然に治ることがないため、早めの治療が何よりも重要です。「虫歯かな?」と思う症状がある場合には、できるだけ早く羽村市の歯医者「福留歯科医院」までご相談ください。

虫歯を放置することの危険性

虫歯を放置することの危険性

虫歯は、痛みをガマンしているうちに、一旦痛みがなくなるときがあります。しかし、それは「虫歯が治った」というわけではありません。放置すると、次のようなリスクが生まれます。虫歯は決して放置しないよう注意し、できるだけ早く適切な治療を受けるようにしましょう。

【リスク1】 【リスク2】 【リスク3】
しばらくすると再び激しい痛みが現れます。 虫歯が悪化し、簡単な治療で済まなくなります。 治療が難しくなるとともに、治療時の痛みも増します。
【リスク4】 【リスク5】 【リスク6】
治療費の負担も多くなります。 通院回数が増えるケースもあります。 お口の中はもちろん、全身にも悪影響をおよぼすことがあります。

重度の虫歯は根管治療で治しましょう

重度の虫歯は根管治療で治しましょう

虫歯が重度にまで進行して神経に到達すると、神経が死んで痛みを感じなくなります。ここまで悪化した状態まで虫歯を放置すると、抜歯が必要になってしまいます。抜歯を避けるための最後の手段としてご提案するのが根管治療(こんかんちりょう)です。

根管治療とは、歯根の中をとおる根管という細い管の中から、死んでしまった神経や血管を取り除いてきれいに洗浄・消毒し、薬剤を詰める治療。複雑な根管を扱うため大変難しい治療ですが、当院ではマイクロスコープを用いて患部をしっかり確認しながら進めておりますのでご安心ください。

拡大視野で精密な治療を可能に~マイクロスコープ~

拡大視野で精密な治療を可能に~マイクロスコープ~

根管とはとても細いうえに複雑な構造になっており、肉眼ではその奥までをしっかり把握することはできません。そのために根管治療は、医師の経験や勘に頼らざるをえない部分が多く、非常に難易度の高い治療でした。

しかし、近年では細かな患部を拡大して確認できる顕微鏡「マイクロスコープ」を使用することで、根管治療を安全に行えるようになりました。当院でもマイクロスコープを導入しており、根管治療をはじめとするさまざまな治療に役立てています。

マイクロスコープは、どの歯科医院にも完備されているわけではありません。治療の成功率を高め、完治させるためにはマイクロスコープを導入している歯医者での治療をおすすめします。根管治療をご検討の際は当院までご連絡ください。

~根管治療は中断しないでください~

根管治療は、「重度の虫歯」治療です。完治するまではどうしても通院回数が多くなってしまいます。そのために、途中で通院をやめてしまう方が多いことも事実です。

しかし、治療の中断は「とても危険なこと」なので絶対にやめてください。歯根の中から取り除ききれていない細菌は、歯の内側や歯のまわりにも病巣を広げ、最終的には抜歯せざるをえなくなります。根管治療には期間が必要であることをご理解いただき、最後まできちんと通院するようにしましょう。

福留歯科医院では、虫歯治療はもちろん 「予防」にも力を入れています 当院の「予防歯科」について、くわしくはこちら

ページTOPへ