審美治療・ホワイトニング

  • トップ
  • 審美治療・ホワイトニング

銀歯でお悩みではありませんか?

銀歯でお悩みではありませんか?

お口の中に銀歯がある、という方は多いのではないでしょうか。銀歯は従来虫歯治療でよく使われてきましたが、見た目が目立つことでお悩みの方は少なくありません。また近年では、銀歯による体への悪影響も問題視されています。

羽村市の歯医者「福留歯科医院」では、銀歯をセラミックに取り替え、美しさと安全を手に入れる審美治療をおすすめしています。銀歯でお悩みの方は、一度当院までご相談ください。

意外と知られていない銀歯の落とし穴

実は銀歯には、見た目だけでなく次のようなデメリットがあります。

デメリット01噛み合う歯を傷める
金属のため、噛みあう歯を傷めてしまうことがあります。
デメリット02歯ぐきとの間にラインができる
金属が溶け出してイオン化し、歯ぐきとの間に黒いラインができてしまうことがあります。
デメリット03歯ぐきを変色させる
溶け出した金属イオンによって、歯ぐきを黒ずませたり、変色させたりすることがあります。
デメリット04アレルギーの原因になる
金属イオンが体内に取り込まれると、金属アレルギーを引き起こす原因になることがあります。

セラミックが優れている理由

セラミックが優れている理由

銀歯と比べ、セラミックには次のようなメリットがあります。

メリット01自然で美しい
セラミックは、天然歯の自然な白さと透明感が再現できる素材。美しい仕上がりになります。
メリット02病気のリスクを抑制
セラミックは歯垢などの汚れが付きにくく、虫歯や歯周病のリスクを抑えます。
メリット03アレルギーのリスクがない
金属を使用しないメタルフリー治療を行えば、金属アレルギーの心配も不要になります。
メリット04歯ぐきを黒ずませない
金属イオンが発生することがないため、歯ぐきが黒ずむこともありません。

当院ではセレックを導入しています

当院ではセレックを導入しています

セレックとは、セラミック製の詰め物・被せ物などを、コンピュータ制御下で製作するシステムです。初めに3D光学カメラによって患部をスキャニング(撮影)し、それを元にコンピュータ上で綿密に設計。最後にミリングマシンという装置によって、セラミックの塊を削り出して技工物を製作します。

従来歯科技工士の手で行われていた作業の一部を、コンピュータ上で正確に行うことで、製作期間を短縮しながら高精度な技工物をつくり上げることができるのです。

セレックのメリット
メリット01
最短3日で装着が可能
歯科技工士が製作すると数週間かかることもあった技工物が、セレックなら最短3日で製作~装着、また調整までが可能になります。
メリット02
変色・変質しにくい
セレックで使用するのは、厳選されたセラミックブロックです。白く美しい歯を長持ちさせることができ、また歯垢も付着しにくいため、虫歯になりにくい点もメリットといえます。
メリット03
コストを抑えられる
セレックはコンピュータを用いるシステム。従来歯科技工士にかかっていた人件費が不要になり、比較的コストを抑えることができます。
メリット04
高精度な技工物がつくれる
コンピュータが3Dデータを元に精密な設計を実現。切削も機械で緻密に行われるため、適合性の高い技工物をつくることができます。歯とのずれがなくなることで、虫歯の再発も起こりにくくなります。
メリット05
型採りが不要
患部の状態は、3D光学カメラによるスキャンで把握されるため、従来の技工物製作で必要だった型採りが不要になり、治療時間を短縮することができます。
※症例によって、型採りが必要なケースもあります。

ホワイトニングで白い歯を手に入れましょう

ホワイトニングで白い歯を手に入れましょう

歯の色は、日々口にする食べ物・飲み物の色素やタバコのヤニ、また加齢などの影響によって少しずつ黄ばんでいきます。以前は何とも思わなかった歯の色が、最近ひどく気になるようになって……という方はたくさんいるのです。

羽村市の歯医者「福留歯科医院」では、体にやさしい薬剤を使って歯を白くするホワイトニングをおすすめしています。ホワイトニングは歯を削る必要がないため、気軽に受けることができます。あなたも、憧れの白い歯を手に入れませんか?

歯が黄ばむ原因

原因01
加齢
加齢によって歯の表面のエナメル質は少しずつ削られていき、もともと黄ばみのある内側の象牙質がすけることで、歯が黄色くなったように見えます。
原因02
飲食物の色素
コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなど、色素の強い飲食物が、年々歯を着色していきます。
原因03
タバコのヤニ
タバコのヤニは歯の表面にはりついて、歯を黄ばませる原因になります。
原因04
虫歯
虫歯を放置すると、歯の色は徐々に黄ばみを増し、後に黒ずんでしまいます。重度にまで進行して根管治療を行い、神経を取り除いた歯も徐々に変色します。
原因05
抗生物質
過去に抗生物質「テトラサイクリン」を服用していた方は、歯が黄ばんでしまうことがあります。また妊娠中に服用すると、胎児の歯が黄ばんでしまうこともあります。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、次の2つの種類があります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
行う場所 歯科医院 ご自宅
処置方法 高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を当てて色素を分解し、歯の色を白くします。 歯科医院で歯型を採ってつくったマウストレーに、低濃度のホワイトニング剤を注入して毎日一定時間装着し、歯の色を白くします。
メリット
  • 効果が現れるのが早い
  • 処置前のクリーニングを、自分でする必要がない
  • プロが行うため安心
  • 白さが長続きする
  • 自分のペースで行える
  • 通院回数が少ない
  • 低濃度の薬剤を使用するため、刺激が少ない
デメリット
  • ホームホワイトニングより、色の後戻りが早い
  • 1回の処置時間が長い
  • 光が届きにくい奥歯には、効果が現れにくい
  • 効果が現れるのに日数が必要
  • 毎日一定時間続けることが必要
  • 処置はもちろん、処置前のケアも自分で行わなくてはならない
おすすめの方
  • 大切なイベントなどを控え、すぐに歯を白くしたい方
  • 自分のペースで歯を白くしたい方
  • 白さを長持ちさせたい方

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング前には……
  • 効果には個人差があります
  • 詰め物・被せ物などの人工物は、白くすることはできません
  • テトラサイクリンによる変色には、効果が出にくい可能性があります
  • 虫歯や歯周病がある場合には、先にそちらの治療を済ませてください
  • 妊娠中の方、18歳未満の方にはお受けいただけません
ホワイトニング中には……
  • ホワイトニング剤は、医師の指示に従ってしっかり管理・使用してください
  • ホワイトニング中には、飲食や喫煙はできません
  • ホワイトニング中は歯が再着色しやすくなるため、色素の強い飲食物の摂取や喫煙はお控えください
ホワイトニング後には……
  • 処置後に白くなった歯を維持するために、定期的にメンテナンスを受けましょう