矯正歯科

  • 小
  • 大

気になる歯ならびは矯正しましょう

気になる歯ならびは矯正しましょう

歯ならびの問題は、「見た目」だけのことだと思っていませんか? しかし、実は歯ならびや噛み合わせが乱れていると、ブラッシングがしにくいことで虫歯歯周病になりやすくなるほか、顎や顔、全身にも悪影響をおよぼすこともあるのです。

もちろん、口元の見た目も大切。矯正治療は見た目と機能性を整え、笑顔を取り戻す治療なのです。また「矯正治療は子供が受けるもの」というイメージがありますが、大人の方でも問題なく受けていただけます。羽村市の歯医者「福留歯科医院」では、お子様から大人の方まで矯正治療を受けていただけます。歯ならびが気になる方は、一度当院にご相談ください。

矯正をすることのメリット

メリット1 ブラッシングがしやすくなり、虫歯や歯周病の予防につながります。
メリット2 食べ物をしっかり咀しゃくできるようになることで、栄養を効率よく吸収するとともに、消化を助けます。
メリット3 口元が美しくなり、自信を持って笑えるようになります。
メリット4 滑舌がよくなったり、正しい発音ができるようになったりすることがあります。
メリット5 頭痛や肩こり、めまいといった症状が改善されることもあります。

歯ならびチェックをしませんか?

あなたの、またお子様の歯ならびはどうなっていますか? 以下の歯ならびに当てはまるものがあれば、矯正治療が必要である可能性があります。一度チェックしてみましょう。

  • 上顎前突
  • 反対咬合
  • 上下顎前突
  • 空隙歯列
  • 叢生
  • 過蓋咬合
  • 交叉咬合
  • 開咬
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる「出っ歯」です。上の前歯または、上顎全体が前に突き出しています。原因には遺伝のほか、上下顎の成長バランスの乱れ、また指しゃぶりや口呼吸などのクセが挙げられます。
反対咬合(はんたいこうごう) 反対咬合(はんたいこうごう)
いわゆる「受け口」です。下の前歯または、下顎全体が前に突き出しています。原因には、遺伝のほか、上下顎の成長バランスの乱れ、また骨格の問題などが挙げられます。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上下の歯列が両方とも前に突き出している状態です。唇が閉じにくく、転んだときに前歯が折れたり、お口の中が傷ついたりしやすくなります。
空隙歯列(くうげきしれつ)正中離解(せいちゅうりかい) 空隙歯列(くうげきしれつ)
正中離解(せいちゅうりかい)
いわゆる「すきっ歯」です。歯と歯の間にすき間があり、見た目が気になるのはもちろん、食べ物がはさまりやすいなどの問題があります。原因には、顎に対して歯が小さい、また歯の本数が足りないといったことが挙げられます。
叢生(叢生) 叢生(叢生)
歯が重なり合い、デコボコになって生えている状態です。歯の本数や大きさに対して顎が小さく、きれいに並ぶスペースがないために起こります。「八重歯」もその一種です。
過蓋咬合(かがいこうごう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
上の歯列が下の歯列を、蓋のように深く覆っている状態です。食べ物が噛みにくかったり、発音がしにくかったりするという問題があります。
交叉咬合(こうさこうごう) 交叉咬合(こうさこうごう)
上下の歯ならびの一部分がずれて、噛み合わせが交叉している状態です。前歯の中心がずれ、奥歯で噛みにくいうえに、顔のゆがみを招くこともあります。
開咬(かいこう) 開咬(かいこう)
奥歯を噛み合わせても、前歯が閉じない状態です。前歯で物を噛みきりにくいうえに、空気がもれて正しい発音がしにくいこともあります。原因には、指しゃぶりや口呼吸などのクセが挙げられます。

子供の矯正はお早めに

子供の矯正はお早めに

近年、学校で行う歯科検診によって、子供の虫歯は減ってきている反面、歯ならびが乱れている子供が増えているといわれています。

歯ならびや噛み合わせの乱れは、見た目の問題はもちろん、正しい咀しゃくや発音、呼吸など、健康にかかわる機能にさまざまな問題を招く可能性があります。つまりお子様の健やかな成長のためには、適切な時期に矯正治療を行うことが必要なのです。

矯正治療は、一人ひとりの歯ならびの状態や成長段階によって、開始するタイミングが異なります。適切な時期に開始できれば、永久歯に生え替わる前から正しい噛み合わせに導く「咬合誘導」を行うことも可能です。タイミングを逃さないために、気になることがある場合にはお早めに当院にご相談ください。

歯ならびの乱れが招く問題
虫歯や歯周病に
なりやすくなる
見た目が
気になる
正しい顎の成長を
妨げる
発音・滑舌が
乱れる
丸飲みしがちになり、
肥満になりやすくなる
顎関節症を
招くことがある

ページTOPへ

取り扱い装置紹介

クリアブラケット・セラミックブラケット
歯の表面に小さなブラケットという装置を取り付け、ワイヤーをとおす一般的な矯正装置。ブラケットには、透明なプラスチック素材や白いセラミック製のものを用いることで、目立ちにくくなります。
クリアブラケット・セラミックブラケット メリット
  • あらゆる症例に対応できる
  • 高い治療効果が得やすい
  • セラミックなら、患者様の歯の色に近いものが選べる
  • ワイヤーも自然な色のものを選べば、より目立ちにくくできる
  • 金属アレルギーの方も使用できる
デメリット
  • 治療費が比較的高額になる
リンガルブラケット
歯の表面ではなく、裏側(舌側=リンガル)に取り付ける装置。「裏側矯正」とも呼ばれます。
リンガルブラケット メリット
  • 表から装置が見えないため、治療していることを気づかれにくい
  • 唇を押し当てて音を出す吹奏楽器を演奏する方にも適応できる
  • 歯の表面のエナメル質を傷つけにくい
デメリット
  • 治療費は比較的高額になる
  • 表側矯正より、治療期間が長引くケースがある
  • 装置に慣れるのに時間がかかる
  • 表側と比べてブラッシングしにくい
マウスピース矯正
歯型を採ってつくった透明なマウスピースを、一定期間ごとに取り替えて、歯ならびを正しい位置に誘導する装置。
マウスピース矯正 メリット
  • 透明なため、装着していることがほとんどわからない
  • 取り外せるため、食事やブラッシングにも支障がない
  • 他の装置のように、口腔内を傷つけることがない
デメリット
  • 治療費は比較的高額になる
  • 症例によっては適用できないケースもある
  • 毎日一定時間(20時間以上)装着することが必要

歯ならびについてのご相談はこちら042-555-7064

ページTOPへ