小児歯科

  • 小
  • 大

子供の歯について知りたい~小児歯科~

子供の歯について知りたい~小児歯科~

乳歯はいずれ永久歯に生え替わる歯。生えている期間は、一生のうちで考えるとそれほど長くはありませんが、実は永久歯が正しい位置に生えるように導くという大切な役割があります。

また乳歯は永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすいことが特徴です。そして乳歯に虫歯があると、永久歯になってからも虫歯ができやすくなるというデータもあります。つまり、お口の中の一生の健康は、乳歯の時期にはじまっているのです。

羽村市の歯医者「福留歯科医院」の小児歯科では、歯が生えはじめたときから、永久歯に生え替わるまでのお子様の虫歯を予防し、お口の健康をサポートする診療を行っています。お子様のお口の健康について心配なことがあれば、お気軽に当院までご相談ください。

子供を虫歯にさせないために

子供を虫歯にさせないために

お子様は、まだ自分でお口のケアを注意して行うことができません。つまり、お子様を虫歯から守るには、親御様が気をつけてあげることが必要です。こちらでは、お子様を虫歯にさせないためのポイントをご紹介します。

虫歯のなりやすさは食生活で決まる

虫歯のなりやすさは食生活で決まる

虫歯になりやすくするか、なりにくくなるかは、食生活が大きく関係しています。つまり食事やおやつのタイミングや選び方などに注意すれば、虫歯になりにくいお口の環境をつくることができるのです。

虫歯になりやすい食生活 虫歯になりにくい食生活
  • いつもだらだら食べ続けている
  • 砂糖の多い食べ物をよく食べる
  • ジュースなど甘い飲み物をよく飲む
  • 歯にべったりつきやすいものを食べる
  • 夜間に甘い物を与えている
  • 食べる時間を決めている
  • お茶や牛乳など、飲み物と一緒に食べる
  • 砂糖の少ないものを選んで食べる(キシリトール入りのものなどを選ぶのがおすすめ)
母子感染を防ぐために

母子感染を防ぐために

母子感染は、同じおはしやコップを使ったり、愛情表現のキスをしたりすることで発生します。赤ちゃんのお口に虫歯をうつさないためには、食器をわけるなど注意するほか、まわりの大人がきちんと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことが大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。しかし、お子様がその後に虫歯になってしまうのは、実はそばにいるお母様やお父様など、身近な大人のお口から虫歯菌がうつっていることが原因です。これを「母子感染」といいます。

仕上げみがきの徹底

仕上げみがきの徹底

まだ自分できちんとブラッシングができないお子様には、最後に親御様が仕上げみがきをしてあげることが大切です。仕上げみがきは、毎日1回、夜寝る前だけでもかまいません。時間をかけてていねいにみがくことで、お子様のお口をきれいにしてあげてください。

当院では仕上げみがきのご相談にも対応しています。わからないことがあれば、お気軽におたずねください。

小児歯科処置方法

ブラッシング指導
ブラッシング指導 お子様の成長段階や歯の生え方などに合わせ、一人ひとりに適した正しいブラッシング方法を指導します。親御様には、仕上げみがきのコツもお教えします。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯の再石灰化を促し、歯質を強くする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。乳歯はもちろん、生え替わったばかりの永久歯にも効果があります。定期的に行うことをおすすめします。
シーラント
シーラント 奥歯にある深い溝は食べカスが溜まりやすく、ブラッシングもしにくいため、虫歯になりやすい傾向があります。そのためあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋め、虫歯を予防する処置がシーラントです。

お子様の歯に不安なこと、わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください042-555-7064

ページTOPへ