根管治療

重度の虫歯でも歯を残すために

重度の虫歯でも歯を残すために

重度まで悪化した虫歯は、従来では抜くしかありませんでした。しかし根管(こんかん)治療を行えば、そのような歯も残せるかもしれません。根管治療とは、虫歯の悪化によって死んでしまった歯の神経・血管を根管という細い管の中から取り除き、内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を充填する治療です。

難易度の高い治療になりますが、羽村市の歯医者「福留歯科医院」ではマイクロスコープなどの充実した先端機器を使用して、正確な根管治療を行っています。他院で「抜歯」と診断されてしまったという方も、一度当院までご相談ください。

福留歯科医院の根管治療

根管治療はとても難しい治療であり、再治療が必要になるケースも少なくありません。当院では二次感染のリスクを防ぐための徹底的な衛生管理を行った上で、マイクロスコープを用いて正確な治療に努めています。

拡大視野で治療の精度を高めるマイクロスコープ

拡大視野で治療の精度を高めるマイクロスコープ

根管とはとても細い上に複雑な構造になっており、肉眼ではその奥までをしっかり把握することはできません。そのために根管治療は、医師の経験や勘に頼らざるをえない部分が多く大変難易度の高い治療でした。

しかし、近年では細かな患部を拡大して確認できる顕微鏡「マイクロスコープ」を使用することで、根管治療を安全に行えるようになりました。当院でもマイクロスコープを導入しており、根管治療をはじめとするさまざまな治療に役立てています。

マイクロスコープは、どの歯科医院にも完備されているわけではありません。治療の成功率を高め完治させるためには、マイクロスコープを導入している歯医者での治療をおすすめします。根管治療を検討される際は、マイクロスコープ完備の当院までご相談ください。

正確な診断を可能にする歯科用CT

正確な診断を可能にする歯科用CT

歯根の中を通る根管は、複雑に枝分かれし、湾曲しています。根管治療では、根管の中から残らず神経・血管を取り除く必要がありますが、構造が複雑なため処置はとても難しいといえます。

そこで当院では、治療前に歯科用CTを用いて根管の状態を詳細な立体画像で取得し、それを元に診断を実施。従来のレントゲンだけでは知り得なかった、枝分かれや湾曲の状態までを確認できるため、精密な治療が可能になります。

徹底した衛生管理

徹底した衛生管理

根管治療では、根管の内部に細菌を残さないことが大切です。そこで当院では衛生管理を徹底し、安全な環境の元で根管治療を行っています。

たとえば治療器具の徹底的な滅菌をはじめ、院内全体にクリーンな空気がいきわたるよう屋根裏全体に大型空調システムを設置。また滅菌効果が期待できる電解水を自動生成するシステム「エピオス」を導入し、治療やうがい用に使用しています。

根管治療の中断はとても危険です

根管治療は「重度の虫歯の治療」であり、完治するまではどうしても通院回数が多くなってしまいます。そのために、途中で通院をやめてしまう方がいるのも事実です。

しかし、治療の中断は「とても危険なこと」なので絶対にやめてください。歯根の中から取り除ききれていない細菌は、歯の内側や歯のまわりにも病巣を広げ、最終的には抜歯せざるを得なくなります。根管治療には期間が必要であることをご理解いただき、最後まできちんと通院しましょう。


深い虫歯を抜かずに救う“エクストリュージョン”

深い虫歯を抜かずに救う“エクストリュージョン”

そのままでは残すことが難しい深くまで進行した虫歯も、当院では「エクストリュージョン」という方法で残せるよう努めています。エクストリュージョンとは、別名「歯根廷出(しこんていしゅつ)」ともいい、歯を上部に引っ張り上げる治療法です。

歯ぐきの中でできた虫歯や歯根の割れなどに対して治療が可能になり、そのままでは抜くしかなかった歯を救うことができます。ただしこの治療は必ず行えるものではなく、また実際に歯ぐきに埋もれている部分を見てみないと、治療が可能かどうかの判断もできません。しかし治療が可能であれば、歯の寿命を延ばせる確率を高めることができます。